切迫早産で入院 同室の妊婦さんが消えた!

この記事は約5分で読めます。

切迫早産で入院してから、少しずつ同室の妊婦さんと仲良くなってきました。

同じ不安を抱える妊婦さん同士、沢山の情報交換をしました。

病院という監獄に追いやられた者同士、何でもない話をして暇をつぶし合う事で、不安や寂しさを忘れられました。

年代は様々だったけど、ライン交換する仲にまでなり、切迫早産というライングループを作りました。

幸せママ
幸せママ

退院したら皆で子供連れてゴハンしたいねぇ~

病院の中では、一日三食の病院食の話と出産後の話をする事がささやかな幸せでした。

そして・・・ある日、事件は起きました。

隣のベットの妊婦さんが消えた

朝起きると、隣のベットの妊婦さんが居ない!

切迫早産 消えた妊婦さん

夜中、看護婦さんがバタバタと隣で何かしているのは寝ぼけつつも気づいたけど、妊婦さんを連れていったのか!?

夜中、看護婦さんがバタバタと、この妊婦さんを連れて行った後、救急車の音がしたよ!という情報が!?

先生に消えた妊婦さんの事を聞くも

病院の先生
病院の先生

プライベートな事なので教えられません。

私を含め、残された同室の妊婦さんは困惑していた。

同室の妊婦さんも私も、いつかの自分かもしれない。自分にダブらせ不安にかられていました。

幸せじゃないママ
幸せじゃないママ

もしかして…何かとんでもない事が起こったのかも…

子宮頸ガンの除去

切迫早産と診断された妊婦さんの多くは、ハッキリとした原因が分かっていませんが、この消えた妊婦さんだけは原因がハッキリしていました。

この消えた妊婦さん、実は妊娠前に子宮頸ガンの手術をしていた事で、子宮頚管が短くなり、切迫早産と診断された人でした。

ガンの部分を切る手術をしたら子宮頚管が短くなってしまったんですね。

張りやすい、子宮頚管が短いなど、流産する可能性が高い人全ての人が切迫早産と診断されるわけですが、同じ切迫早産でも、症状、原因は様々なんですね。

消えた妊婦さんは、35週まであと少しだった

私の入院していた産院は妊娠35週にならないと出産は出来ません。

この消えた妊婦さんは、33週と5日でした。あと一週間で胸張って出産出来る週数になれたのに!

あと少しで正期産なのぉ~♪

と喜んでいたのに!神様は残酷だ・・・とこの時思いました。

一方、動揺を隠せない残された同室の妊婦達。

消えた妊婦さんの赤ちゃんは無事なのかなぁ

次は・・・もしかしたら私が消えるのかもしれない

それぞれが似たような事を思っていました。

消えた妊婦さんに、何がおきたのか、とにかく知りたかった・・・。

不安をよそに、清掃のおばちゃんがやってきてベットはきれいに掃除され、次の患者さんの為にあけられたのです。

そして何も分からないまま、消えた妊婦さんからの連絡がないまま、不安を抱えたまま一日が過ぎていきました。

消えた妊婦さんに何が起きたのか想像が止まらない私たち

残された同室の三人は色々な推測をしていました。

もしかしてこの病院じゃ対応出来ないから急遽大きな病院に移動したんじゃない?

幸せなママ
幸せなママ

それって緊急性ある?深夜に救急車で移動しないんじゃないかなぁ。

もしかして破水しちゃって救急車で大きな病院に移動したんじゃない?

幸せなママ
幸せなママ

それ一番有力!だけど、まだ33週だから赤ちゃんの安否が気になるよねぇ

だけど、もし、もしも!赤ちゃんが残念な事になってた場合、私たちに連絡よこすかなぁ?

ラインでグループを作ってると、今後出産だの何だのとライントークが盛り上がってるのを見るのは辛いと思うんだよね。。。

一同、なっとく・・・。

残された同室の私たちは、最悪な結果を含め推理しつつも、消えた妊婦さんと赤ちゃんが無事である事を祈る一日でした。

妊婦の1日は、赤ちゃんにとって3日

妊婦さんが消えてから二日目の夕方、グループラインに連絡がありました。

彼女はこの時、NICUがある大きな病院に運ばれていました。

話によると、夜中に破水し、救急車で運ばれたとか。

胎盤が割れたまま陣痛を止める処置を行い、用水が大量に体外へ出てしまわないように体を動かないようにしていたそうです。

一日でも数時間でも長く赤ちゃんをお腹にとどめておく事が大切なんですね。

そして、34週になった瞬間、出産したそうです。

箱の中の天使

妊娠34週は正期産じゃないので、少しだけ未熟で生まれた赤ちゃんはNICUの小さなベットに入れられていました。

透明な箱の中に小さくて可愛い男の子が、管に繋がれて細い目でこっちを見ている写真が送られてきました。

34週で生まれた赤ちゃんの痛々しい姿を見た瞬間、心がズキン・・・。

きっと全ての妊婦さんが心痛める写真だったと思う。自分の赤ちゃんはこの箱ベットに入れたくない。そんな思いを同室の妊婦さんは思ったに違いないと思います。

携帯に写った痛々しい赤ちゃんを指で撫でて涙してしまいました。

34週ならそんなに心配するほどじゃないよね!?

そうだ!世の中にはもっと早くに生まれてしまった未熟児の赤ちゃんだって居る!

34週までお腹で育てたんだ!大丈夫に決まってる!

赤ちゃんの容態は?

気になるのが、NICUに入れられてしまった赤ちゃんの容態。

体重は2400gと小さめ。赤ちゃんはNICUに入れられたけど、34週なら体は十分出来ていて、検査しまくって黄疸以外問題無しだったそうです。

残された同室の人たちと安堵しました。

それでも、一ヵ月は搾乳した母乳を病院へ持参して通い、母親として赤ちゃんのお世話を開始したのは一ヵ月以上も後でした。

NICU出身の赤ちゃんは、退院した後も、何度も病院に通い検査したり、お母さんはずっと気が抜けない心配な日々を送る事になります。

妊婦の一日は赤ちゃんの3日というのは本当なんだなぁ、と思いました。

消えた妊婦さんのその後

子宮頸ガンの手術をした事で子宮頚管が短くなり切迫早産と診断され、散々な出産劇となったこの妊婦さん。

子宮頸ガンの手術をしてるし、子供一人授かれただけ、私はラッキーです。

そんな事を言っていた消えた妊婦さん。

すごく性格良くて優しくて、本当にいい人なんです!神様は見てるんですね!

なんと!三年後には二人目を授かります。

これまた大変な妊婦生活となりました。それはまた別のお話・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました